blog

Android開発入門 ~AndroidでHelloWorld~

2011.04.04

システムソリューション部 秋久です。

私からは、回数は未定ですが何回かに分けて、Androidアプリケーションの開発についてご紹介させていただきます。

第1回目の今回は、Androidアプリケーションの開発環境の構築から、定番のHelloWorldまでを紹介いたします。

Androidアプリの開発は、WindowsやLinux等x86アーキテクチャのOS上で実施可能です。

本Blogでは以下の開発環境を使用して解説していきます。
・Android SDK
・Java JDK 5 または JDK 6
・Eclipse 3.0以上

■Android
まずは、Android SDKをダウンロードします。以下のサイトからダウンロードしてください。

http://developer.android.com/sdk/index.html

ダウンロードしたら解凍し、任意のフォルダに配置し、SDK Manager.exeを起動します。Choose Packages Install画面が表示されたら、デフォルトのままでInstallを押下するとインストールが始まります。

※ここではデフォルトのままとしましたが、必要なパッケージのみ選択してもOKです。

■Eclipse

次に、Eclipseをダウンロードします。
http://mergedoc.sourceforge.jp/

以降は日本語化パッケージ(Eclipse 3.6.2 Helios)で進めていきます。

UltimateパッケージまたはJava 開発者向けパッケージをダウンロードしてください。(JavaのJREが含まれているため、JDKを個別にインストールする必要がありません。)

英語版で環境を構築する場合は、WEB上の解説ページなどを参照して構築してください。なお、英語版のEclipseは以下のサイトからダウンロードできます。

http://www.eclipse.org/downloads/

Eclipseのパッケージをダウンロードしたら解凍し、任意のフォルダに配置後起動してください。

Eclipseが起動したら、[ヘルプ]->[新規ソフトウェアのダウンロード]を選択します。開いた画面で、作業対象に「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」を入力して追加ボタンを押下します。

一覧が表示されると成功です。「Android 開発ツール」にチェックを入れて、次へを押下します。上記のアドレスに接続できなかった場合、「http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」で試してみてください。

ライセンスのレビュー画面が表示されたら、「使用条件の条項に同意します」を選択して、完了を押下します。

インストールが完了し、Eclipseを再起動したら、[ウインドウ]->[設定]->[Android]を選択し、SDKロケーションにAndroid SDKのフォルダを指定します。以上で設定は終了です。

■AndroidでHello World
Eclipseのメニューから、[ファイル]->[新規]->[プロジェクト]で表示された新規プロジェクトダイアログで、Android プロジェクトを選択し、次へを押下します。表示されたダイアログで各項目を入力していきます。

・プロジェクト名
任意の名称を入力してください。ここでは「HelloWorld」とします。
・内容
 今回は新規プロジェクトを作成を選択します。
・ビルド・ターゲット
 ターゲットとするAndroidプラットフォームを指定します。
 今回は2.3.3にチェックをいれます。
・アプリケーション名
 アプリケーションのタイトルです。
 今回は、「HelloWorld」とします。
・パッケージ名
 今回は、「jp.android.helloworld」とします。
・アクティビティの作成
 クラス名です。先頭1文字は大文字である必要があります。
・最小SDKバージョン
 APIレベルを指定します。

入力が終わったら完了を押下します。

プロジェクトの作成が終わると、パッケージ・エクスプローラーに作成したプロジェクトが表示されます。

srcフォルダにプロジェクトの作成時に指定した名前のjavaファイルが出来ていますので開きます。

上記ソースの「setContentView(R.layout.main);」の箇所を変更します。

変更した箇所では
1.TextViewのインスタンスを作成
2.setTextメソッドを使ってテキストコンテンツを定義
3.TextViewインスタンスをsetContentViewメソッドに引き渡す
ということを実施しています。

これでコーディングは完了です。

それでは、実行してみましょう。

Eclipseメニューの[実行]->[実行構成]を選択し、実行構成画面で[Android アプリケーション]->[新規構成]を選択します。名前、プロジェクトを指定します。

ターゲットタブに移動し、「自動」を選択後、マネージャーを押下します。「Android SDK および AVD マネージャー」画面が開いたら新規ボタンを押下します。名前とターゲットを入力し、Create AVDボタンを押下するとAVDが作成されます。

実行構成画面に戻り、作成したAVDにチェックを入れ、実行ボタンを押下すると、エミュレータが起動します。

エミュレータ上にHelloWorld!!が表示されます。

今回は以上です。